スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

photo by スポンサードリンク -

オサマ・ビンラディン氏に捧ぐ(I dedicate it to Osama bin Laden)

2011.5.2
イスラムの英雄ビン・ラディンことウサーマ・ビン・ムハンマド・ビン・アワド・ビン・ラーディン氏がアメリカにより殺害された。

(2011.5.2
Mr. Usāma bin Muhammad bin ʿAwad bin Lādin which was a hero of the anti-Americanism was killed by U.S.A.)


このブログを見られた方々は、私をアルカイーダによるテロ賛成派と思われるかもしれませんが、無実の人を殺すテロには断じて反対です。

私が、このブログを書き悲しむのはアメリカにより行われ続ける殺戮に抵抗できる人物がまた一人といなくなってしまった事にである。

ビン・ラディン氏の偉業は、一方的な殺戮を行ってきたアメリカに対し一矢報いる事が西欧の人間以外にもいるのだ!超大国となったアメリカにも恐怖を与える事が出来るのだ!と言う点にあると私は思う。

彼はアメリカが今まで行って来た、自己中心で、己の利益しか考えない政治に対して、
行動を伴ったメッセージを発してきたのである。
自らの手を汚さす、人を消しさるアメリカの形に疑問を持ちます。

(Never opposite to terrorism the people seen with this blog may seem to be terrorism supporters by al Qaeda in me, but to kill an innocent person.
For the person who could resist the massacre that continued being carried out asked it one people again, and it having been done to a dead person by U.S.A. that I wrote this blog and grieved.
I think that there is it at the point where there is that I shoot back for one-sided U.S.A. which I massacred as well as a human being of Europe, and the great achievement of bin Laden can give superpower and U.S.A. where it was fear, and と says to.
For the politics that only one's profit thinks about in the egocentrism that U.S.A. performed him so far,
I issued the message with the action.
I have a question toward American form to erase a person letting you pollute own hand.)



平和ボケしてしまった日本人では既にこの感覚を持っている人間は少ないと思いますが、
日本には70年前に挑発され、国を貶され、戦争に導かれ、国を焼かれ、無差別爆撃により国民を殺され、原子爆弾を2はつも落とされ、多数の婦女子が弄ばれた過去があります。

人によれば、「真珠湾奇襲を行い世界を侵略した日本だから仕方ない」と言う無知識な人もいますが、勉強さえすれば分かる誰がどうみても自衛の為の戦争でした。

ですが、敗者は何も言えず歳月と共に数多の英霊を鎮魂する事も望まない国民になってしまいました。

アメリカ・イギリスによる他国への主権侵害、正義と言う言葉を手前勝手な論理で用い行う武力鎮圧、これは今尚、今、今、今行われているのです。

知って頂きたいのが、アフガン・イラクで自爆テロを行い亡くなられた兵士の殆どが、アメリカの武力により五体不満足な人であったり、家族を失った人々である事である。


(I think that there are few human beings who have already had this sense in the Japanese who have become senile with peace, but,
It is provoked in Japan 70 years ago and is spoken ill of a country and is led to the war and is baked a country, and it is killed the nation by indiscriminate bombing and is dropped two A-bombs, and there is the past when a lot of women and children were played with.
According to the person, there was the person who was no knowledge to say, "there was no help for it because it was Japan which I performed Pearl Harbor surprise attack, and invaded the world", but by all odds who who understood it if I did even study was war for self-defense.
But it has been to the nation who did not expect that the loser could say nothing and performed a requiem of a great number of soul with time either.
Military power suppression, this I use the sovereignty infringement to the other countries by the U.S.A. U.K., the word to be called justice in the selfish logic, and to perform still just just are just performed.
It is the person whom the most of the soldier who it is Afghan Iraq to want you to know it and performs a suicide bombing, and died are unsatisfactory for five by American military power and is to be the people who lost a family.)


これを読まれた人だったらどうだろうか?
あなたの近所にとっても悪いと言われる犯罪者がいて、アメリカがそれに対して空爆を行ったが、誤爆で貴方の家族が殺された、あるいは、巻き添えで殺された。

だが、アメリカは謝罪はするが、また違う所で同じ事を繰り返す。

私が、被害者ならアメリカを絶対許せないが、到底勝てないのは分かる。

当然、今の中東をみてもらい分かるが、何を言ってもアメリカ・イギリスは聞かない。

ここで、残された選択は泣き寝入りをするか、手段を選ばない攻撃をするかしかない。

9.11を行った事は、当然許せない事であるが、なぜそこに至ったかが大事なのである。

(If it is a person read this, how will?
There was the criminal who was told to be bad even if I took it near you, and U.S.A. bombed it for it, but your family was killed by mistaken bombing or was killed by a victim.
But U.S.A. apologizes, but repeats the same thing again in a different place.
A victim can never forgive U.S.A., but I understand that I cannot possibly win.
Naturally I have you look and know the present Middle East, but the U.S.A. U.K. does not hear it even if I say anything.
I do an attack to do anything or do not proclaim whether the choice left here swallows it.
Naturally it is what I cannot permit to have performed 9.11, but is important why you reached there.)
 

ニュースでは、この戦争の発端は9.11からの様に思えるかもしれないが、もっと前からアメリカによる主権侵害や殺戮が行われており、その報復経過の9.11にすぎないのである。

(In the news, I may think like from 9.11 in the beginning of this war, but a sovereignty infringement and a massacre by U.S.A. are performed more for some time and are only 9.11 of the retaliation progress)
 

ビン・ラディン氏が殺害された事もそうである、パキスタンに居た彼をパキスタン政府に無断で殺害したのは、明らかな主権侵害である。
武器を持たなかった彼を捕まえるのではなく、完全な殺害目的で、殺害したのである。
アメリカに対して、行動出来たこの大人物に対して私は、心から御冥福をお祈りしたいと思います。
また、彼の様な大人物が育つ事をお祈りします。

アメリカが、行ってきた歴史を考えると彼の様な人物は、必要な時に現れた救世主の様なものだと私は思う。



(It is a clear sovereignty infringement that it killed him who was in so Pakistan without permission in the Pakistani government that bin Laden was killed.
I did not catch him who did not have a weapon and, in a complete killing purpose, killed it.
For U.S.A., I want to pray its soul may rest in peace for this great person who was able to act heartily.
In addition, I pray for a great person like him being brought up.
When U.S.A. thinks about the history that reached, as for the person like him, I think that it is the thing like the savior who appeared when I am necessary.)


アメリカに神の裁きを求む

(I need the judgment of God in U.S.A.)

今尚巨悪と戦い続ける聖戦士に神の祝福あれ

(Still bless God to the crusade person who continues fighting against great evil)

photo by ザリガニ -

【コラム】北朝鮮と日本の今後

北朝鮮と言う国は、偏見の目を除いて見ても良い国と認識する者はいないだろう。
自らの手で国を荒廃させ、疲弊したツケを自らとらず自国民や他国に負わせ、今尚勝手に製造した武器の廃棄をカードに外交のテーブルに付く。 一般的に考えればキチガイの何者でもない。 北朝鮮と日本の関係には、歴史的な問題も在る為、今後も日本には百害あって一利なしの国である。 北朝鮮政府が在り続ける限りこれは続くであろう。
日本と北朝鮮の未来を考える時に、両国の利益を考える事は出来ない。 日本が今後とるスタンスは、経済制裁も含め強固な態度で挑み支援をエサに早期に拉致被害者を救出した後、北朝鮮崩壊への手引きをしていく事だけである。 その為には、日和見主義、米国追従姿勢ではなく、政府・国民が一丸となり日本の確固たる意志を示さねばならない。 
-----------------
sent from W-ZERO3
photo by ザリガニ -

【コラム】北朝鮮崩壊図

北朝鮮の崩壊は、既に秒読み段階にあると言われている。 経済は無謀な経営により破綻し、国民は飢餓に苦しみ経済難から虎の子の軍体も内部に亀裂が生じ確かなる情報ではないが、小規模な反乱も起きていると言われている。 金正日も昔からそれに備え外国に3000億と巨額の財を貯蓄し中国・米国に亡命の伺いを立てたとも言われている。 これらは、確たる情報ではないが、北朝鮮の経済状況、そこからもたらされる統率への影響等を考えるとクーデターが発生することは十分考えられる。 国民の不満を力で押さえてきた金正日体制は、己で育て、その力を実行してきた軍に首が取られるのも時間の問題だろう。
北朝鮮政府は、内に外にと敵に囲まれており、外の最大の敵は、米国である。 北朝鮮では先に崩壊させられたイラクを研究しており、それから生き残る方法を模索している。
 それまでは、米国の盟友韓国首都ソウルを人質に保険をかけてきたが、イラクでの米国の戦力を目の当たりにし、次なる手に国産の核兵器を全面におしたててきている。 核がイラクにあれば、米国も簡単には攻めれなかっただろうとの結論に達しているのである。 確かにそれはもっともなこたえであるが、非常に危険な賭に出てきている。 核を持った所でアメリカに届かないのである。 アメリカに被害がでないうちは助かっても、北朝鮮が開発を進めるミサイルが米国の心臓に届く時に米国は崩壊のボタンを押す。 そうなった時に被害を受けるのは、韓国、日本である。 北朝鮮という国が崩壊しても危険、崩壊しなくても危険ということを意識せねば
ならない。
平和な国の日本では私もそうであるが、実感は難しい。
我々が一般人が出来る唯一の事は日本の政治家の動向に注意し、北朝鮮に対する者を選ぶ事しかない。
誰が選ばれても同じであるが、国民一人一人が意識を持てば、そうとは言えなくなるのである。
-----------------
sent from W-ZERO3
photo by ザリガニ -

【コラム】北朝鮮の脅威

 日本海(朝鮮側からは東海)を挟み隣国の北朝鮮は、拉致問題・核問題・歴史問題と日本にとって癌のような存在である。
この国の脅威を考える上で、この国の今を知ってみよう。
日本では、朝鮮半島唯一の国として韓国を承認しており、北朝鮮を国家として承認していない。
その為、法規的な国交は無いが、日本からの経済制裁以前は、民間レベルでの小規模な公益を行っていた。 この経済制裁は、小泉政権下で明らかになった拉致問題が引き金となっており、日本での北朝鮮はテロ国家であるという意識を強く持たせる結果となった。 
この国の経済は世界でも最も貧しい国に入り、加えて先軍政治が行われている同国ではGDPの大半を軍事費に投じている為、経済の疲弊をより一層に加している。 1970年代までは、ソビエトからの支援を元に韓国より優位な経済であったが、ソビエトの破綻を期に燃料不足に陥り現在も1970年代のままになっている。 
報道でも明らかになっている食料不足が深刻になっている。
北朝鮮の国土自体が基より農業に向いた土地ではなく化学肥料等燃料がある事を前程とした農業に頼らざる負えないが燃料不足から農業も直撃しており、数十万規模の餓死者を出している。
軍事力では、90万を擁する世界でも有数の軍事国家であるが、その費用の為国力の減退に大きな影響を及ぼしている。 北朝鮮の軍事費は6000億と言われており、その内4000億を核兵器や関連兵器に費やしており、核武装を急進的にすすめている。 戦車や戦闘機といったものは、旧式のものばかりで、現在は燃料不足もあり練度・攻撃力共に近代戦を戦えるものではないといわれており、軍の大半は歩兵から成り、散開配備する等核戦争に向けた戦備を行っている。
■北朝鮮の脅威-核・化学兵器
この国の脅威を考えた場合、日本に向けて配備されている200基という異常な数の弾道弾配備とそこへ搭載される核兵器・化学兵器が上げられる。 北朝鮮では、6000tとも言われる化学兵器を備蓄しており、使用された場の近隣国へのダメージは甚大であると想定される。 日本では、発射準備段階での破壊を行える様に法整備の働きはあるが反対派の意見もあり難航している。
金正日体制下では、それらの使用は米国の軍事介入を招き政権崩壊に繋がるため、自ら使用する事は考えにくいが、政権維持不能に陥る場合や米国による北朝鮮攻撃の際等報復的に韓国・日本に飛来する可能性が濃厚である。 
■北朝鮮の脅威-拉致
北朝鮮からの不審船のニュースは記憶に新しいが、平和な日本である拉致問題も沈静化しつつある。 しかし、まだまだ帰国できない拉致被害者達が多数存在しているのである。 日本は島国で日本海側(日本の半分)は北朝鮮に接しており、いつどこで上陸し我々を拉致するのかも分からない。 拉致された人たちも特別な人ではない、一般の人でありニュースを見るように北朝鮮からの工作員は日本に現在も存在し、入り込んできているのである。 
■北朝鮮の脅威-麻薬・薬物
北朝鮮は、国家として薬物の製造から販売を行っている。 経済は破綻し外貨が喉から手が出るほど欲しい北朝鮮にとって簡単に外貨を稼ぐ手段だからである。 噂に聞くように今では、高校生から主婦まで手に入るの時代で、それは栄養剤と言われたり、快楽の薬だと販売されている。 個人で販売しているのではなく、国家が販売しているのである。 それらの精巧さは想像できる。

我々の頭上には核爆弾・化学兵器が向けられており、北朝鮮に連れて行く者、薬物を販売する者が氾濫している。 それらに犯された者・拉致されたものは特別な人間ではなく、我々と同様の一般人である。 明日は我が身に迫るかもしれない。
photo by ザリガニ -

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Recent Trackback
>> Mobile
qrcode
>> Links
1 / 1




このページの先頭へ